月島路地マップTsukishima Alley Map

作成経緯


大規模開発が多くなされている東京では、歩行者が歩いて楽しく暮らせる場所が多くはありません。しかし月島には、車の進入がなされない路地が多く残っており、歩行者が歩いて楽しむことができます。また、400年以上の歴史を持つ神社や、下町雰囲気溢れる伝統的な長屋群が残され、昔ながらの下町景観や暮らしがまた感じられます。

、このような月島の魅力を守り、さらにより多くの人に理解してもらいたいという地元住民と大学からの強い意図により「月島路地マップ」という月島散策マップを作成しました。「月島路地マップ」は、月島を訪れた人達へ日本の伝統的な長屋と路地を紹介しているもので、狭くて迷路のような道を歩いたり、生活景を楽しんでもらうためのものです。中には、月島に訪れる歩行者が歩いて楽しむことができるポイントが多く紹介されています。

現在、月島路地マップは月島観光ガイドの一つとして、月島もんじゃ振興会協同組合で配布されています。また、こちらのホームページで電子版をダウンロードすることもできます。

 

英語版

2020年開催する東京オリンピック・パラリンピック競技大会をきっかけに、月島に訪れる外国人訪問者の増加も見込まれています。そして日本人だけではなく、外国訪問者も月島の魅力を理解してもらいたいため、月島路地マップの英訳が始まりました。長屋学校メンバーの協力によって、2014年には月島路地マップ英語版「Tsukishima  Alley Map」を完成しました。

さらに、Tsukishima Alley Mapを用いた外国人まち歩きツアーも数回開催しました。月島に訪問する外国人の教員及び学生たちが志村先生と長屋学校メンバーの案内のもとに、月島のまちに対する理解を深めました。

Tsukishima Alley Mapも、この長屋学校ホームページでダウンロードすることができます。