長屋学校イベント EVENTS IN NAGAYA SCHOOL

期間限定の長屋学校イベント「オープン長屋」は終了致しました。

この度は、イベントご参加頂きまして、誠にありがとうございました。

 

活動経緯   History of Activity


背景   Background

月島は、昔ながらの路地風景と長屋群が多く残っている一方で、2020年に開かれる東京オリンピック・パラリンピック競技大会において、隣接する晴海地区には選手村が、周辺地域では数十か所の競技場の建設が予定されているため、月島における再開発が増えています。長屋学校という拠点を持つ芝浦工業大学志村研究室は、地元住民の協力を得て様々な活動に取り組み、月島の生活文化や魅力を伝える活動を続けています。

While Tsukishima remained a lot of narrow alleys and Nagaya row-houses, the players village is located in the neighboring Harumi district and dozens of competitions will be construct in the surrounding area due to the 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games, redevelopment in Tsukishima is increasing. We have a regional cooperation facility of Shibaura Institute of Technology called Tsukishima Nagaya School, which established and run by the Regional Laboratory of the architecture department, working on various activities with the cooperation of local residents to appeal the attraction of Tsukishima’s history, culture and lifestyle.

そして近年、訪日旅行者と在留外国人の増加により、月島の国際化も進行しつつあります。外国人との交流や、まちづくりにおける外国人対応などに関して、色々な取り組みが必要となります。

Recently, Tsukishima’s internationalization is progressing , due to an increase in foreigner visitors and foreigner residents.How to improve the interchange between Japanese and foreigners became more and more important.

 

目的   Purpose

・地元住民のみならず、より多くの人々に月島の生活文化や魅力をして頂き、さらに地域拠点によるまちづくりに対する関心及び理解を向上させる。

Not only local residents, but also many more people will understand the life culture and charm of Tsukishima, and improve interest and understanding of community design.

・日本語以外の多言語によるイベントの宣伝及び企画を行い、大学と地域が連携するまちづくりの国際化対応に関する新しい可能性を探る。

To explore new possibilities for internationalization of community design where universities and regions cooperate, by advertising and organizing events in multiple languages.

 

活動内容   Events Contents


・実施期間: 2017年2月~6月   (終了)

    Schedule : Feb, 2017~Jun, 2017

・主催: 芝浦工業大学建築学科志村研究室、月島地元住民

Organization : Regional Laboratory of the architecture department in Shibaura Institute of Technology , Tsukishima local residents

・場所: 月島長屋学校

Location : Tsukishima Nagaya School

 

・イベント企画   Events Organization

①オープン長屋 (日本語及び英語)   Open Nagaya (Japanese and English)

築90年以上の建物を使っている長屋学校を期間限定オープンします!リノベーションされているが、長屋ならではの雰囲気が味わえます。長屋に住んだことのない若い世代でも、昔の長屋生活を思いたしたい方でも、オープン長屋はいい体験となります。

We are going to open Tsukishima Nagaya School, which has over 90 years old history and renovated recently, for tasting the unique atmosphere of historic Nagaya row-house. Whether had you been lived in Nagaya row-house or not, come to participate in our “Open Nagaya” would be a good experience.

それだけではなく、芝浦工業大学の学生と地元の方々がガイドとなり、月島及び長屋学校に関する色々なことを説明します。本を読むだけで知られない情報もたくさんあります。月島やまちづくりに興味を持つ方だけではなく、おしゃべりの好きな方もぜひご参加ください。

In addition, our students of Shibaura Institute of Technology and local residents will guide you various things about the life in Nagaya row-house and activities of Tsukishima Nagaya School, which could not be read in the book. If you are interested in those contents, or just like to talk to other people, welcome to join us.

②公開講座(日本語)   Nagaya School Lecture (Japanese only)

長屋学校を開設し、月島のまちづくりを3年間取り組んできた芝浦工業大学建築学科の志村秀明教授は講演者として、月島・佃の歴史文化やまちづくり、長屋学校についてレクチャーします。内容としては、月島の歴史文化、下町雰囲気を維持するための取り組み、長屋学校を開催するきっかけと活動など豊富な情報があります。定員10名であるため申込が必要となる。気軽に申し込んでご参加ください。

Professor Hideaki Shimura of Shibaura Institute of Technology, who established Tsukishima Nagaya School and worked on Tsukishima’s community design for 3 years, will provide lecture about Tsukishima and Tsukudajima. This lecture contains abundant information such as Tsukishima’s history and culture, activities of community design, and the trigger of starting these activities.Application is required. (Only in Japanese, but it’s a very good chance to talk to native Japanese.)

③月島まち歩き(日本語) Tsukishima Walking Tour (Japanese only)

月島は新旧がうまく混在しているまちです。歴史感溢れる神社や長屋があれば、最近からまちに出てきたリノベーションされた新しい店もあります。月島の魅力を深く理解し、さらに月島のまちづくりを楽しむことが目的であり、芝浦工業大学の学生と地元の方々が協力して作成した「月島路地マップ」及び「月島ウォーキングガイドブック」の活用も図ります。

The streets of Tsukishima are places where the history of pre-modern and modern times survives, intermingled with the new and innovative. Tsukishima not only has Old shrine and historic Nagaya row-houses, but a lot of new stores renovated recently. We aim to deeply understand the attraction of Tsukishima after strolling around the town. Also we attempt to utilize the “Tsukishima Alley Map” and “Tsukishima Walking Guidebook” made by the students of Shibaura Institute of Technology in cooperation with local residents.

月島における国際化対応ツールとして、「月島路地マップ」及び「月島ウォーキングガイドブック」の英語版を作成し、2015年度からアメリカの大学からの訪問者たちを対象とするまち歩きも数回開かれました。しかしながら、日本人参加者向けのまち歩きはまだ開催されていません。そのため、今回の期間限定イベントは、日本語によりまち歩きツアーを企画しました。長屋学校ならではのマップ及びガイドブックを用いて、ディープな月島旅をしてみませんか。

We made “Tsukishima Alley Map” and “Tsukishima Walking Guidebook” as internationalization correspondence tools and started guiding university students from America using those tools since the yeas of 2015. For this time limited event, we planned this walking tour in Japanese to make people understand more about Tsukishima by strolling around the town. Please join us and enjoy a deep Tsukishima trip.

 

大学院修士研究とのつながり   Connection with graduate school master’s research


今回の期間限定イベントは、芝浦工業大学志村研究室大学院生である留学生賈亦楊(か えきよう)の修士研究をきっかけにして開催します。This time limited event also will be held as a result of master’s research of international student Yiyang Jia, a graduate student of Shibaura Institute of Technology studying community design.

賈さんの研究は、国際化を前提とする街並み及び文化継承型まちづくりの方法に関する研究であり、アクションリサーチにより月島でのまちづくり活動を企画し、参加者への意識調査を通じて、歴史的市街地におけるまちづくりに対する意識向上及国際化対応手法に関する知見を得ることをはかります。

She studies on the measure of streets and local culture succession type community design presuppose Tsukishima’s internationalization by holding events in Tsukishima Nagaya School. This action research provides a chance gathering participates’ opinions and obtain knowledge on changing consciousness about community design after participated in our events.

そのため、オープン長屋来訪者、公開講座及びまち歩きの参加者に対して、アンケート調査、またはヒアリング調査を行わせていただきます(調査のデータは大学研究以外では一切利用いたしません)。
Therefore, we will conduct questionnaire survey for participants of “Open Nagaya”, “Nagaya School Lecture”, and “Tsukishima Walking Tour”.(Data of this survey will not be used except for the university’s research).