WALK21

Walkについて


Walk21は歩行をサポートし促進する国際的な組織です。その名称は、‘‘Walking in the 21st century”の省略です。
組織は、グローバルネットワークを通じて、人々を日々の歩行は楽しい交通手段、レクリエーション、健康的なことだと思わせる政策の作成や、プログラムと計画の実施をサポートします。

Walk21では、歩行に関する唯一の国際会議シリーズが開催されています。2000年に始まったので、国際的な歩行の促進、都市の紹介、ベストプラクティスの公開、新しいイニシアチブとパートナーシップの開発に重要な役割を果たしました。

 

 

2015年度Walk21ウィーン国際会議参加


芝浦工業大学志村研究室のゼミ生が作成した「月島路地マップ」が、2014年に長屋学校メンバーの協力により英語化され、2015年6月にはWalk21国際会議主催のコンテスト「Walking Visionaries Awards」で「Advocacy, Campaigning and Social Projects」部門受賞作に選ばれました。

そして、志村先生及び研究室の学生たちはオーストリアの首都ウィーンにて行われる授賞式及びWalk21国際会議に参加し、路地マップについて発表をしました。

 

2016年度Walk21香港国際会議参加


2015年の引き続きとして、志村研究室の学生は、長屋学校メンバーと協働しながら、外国訪問客向けの英語版ガイドブック「Tsukishima Walking guidebook」を作成しました。このようなツールの作成は、私達の月島における活動の一貫であり、月島の訪れる外国訪問客が月島というまちを深く理解してもらいたいための取り組みとなります。このガイドブックでは、歩きながら月島の「まちづくり」の魅力を知り学ぶことをコンセプトとし、様々な面から月島のまちを紹介するディープな情報がそろっています。

そして2016年10月3日、香港で開催された2016年度のWalk21国際会議に志村先生及び学生三人は参加し、ラウンドテーブルの形式で「Tsukishima Walking guidebook」について発表し、質疑応答及び意見交換も行っていきました。